抗HIV治療ガイドライン(2022年3月発行)

IX抗HIV薬の副作用

9.体重増加

 INSTIを含む初回治療ではNNRTIやPIを含むレジメンよりも体重増加が大きいと報告されている88-93)。INSTI間の比較では初回治療の無作為化臨床試験において、ベースラインからの平均体重増加はBICとDTGでは同等でEVG/cobiよりは大きかった88)。しかしながら、臨床コホートにおいて体重増加にはINSTI間の差は認められなかったという報告も出ている94)。NRTIでは、TAFを用いた初回治療ではTDFを用いたレジメンよりも体重増加が大きいという報告がある88, 89)。TDFからTAFに変更した場合にも特にINSTIとの組み合わせの場合に体重増加が大きく95)、また、変更後9か月間に体重増加が大きいという報告がある96)。INSTIとTAFの両方を含むレジメンへ変更した場合の解析で、INSTIへの変更とTAFへの変更は個別に体重増加に関連しており、変更後8か月間の大きな体重増加はINSTIに関連していて、その後の緩徐な体重増加はINSTIとTAFの併用に関連していたという別の報告がある97)。HIV非感染MSM(白人84%、黒人9%、アジア人4%)を対象としたPrEP(曝露前予防:pre-exposure prophylaxis)に関する研究において、96週後にはTDFでは0.5kg、TAFでは1.7kgの体重増加が認められた98)TDFでは体重増加抑制効果が認められるのに比較してTAFでは一般人口の体重増加に近い変化であるとする論文もある88)。NNRTIの中ではRPVの方がEFVよりも体重増加が大きい88)。DORベース治療、DRV+rtvベース治療、EFVベース治療の3つの初回治療の臨床試験の解析(男性85%。白人63%、黒人20%)では96週での体重増加の平均値はそれぞれ2.4kg、1.8kg、1.6kgと類似の結果であった99)

 抗HIV薬関連の体重増加は、治療開始時のCD4数低値、血中HIV RNA量値、女性、人種(黒人とヒスパニック系)が関与する88, 89, 93, 100, 101)。そのメカニズムとしては、治療開始時の "return to health"の概念も含め 様々な機序が想定されている102)HRD共同調査による日本人における治療開始後の体重の推移を図IX-5に示す103)

 ADVANCE試験(年齢中央値31歳)で最も体重増加の大きかったTAF/FTC+DTG群ではQDIABETESを用いた概算による10年後の糖尿病発症リスクは上昇すると予測され、QRISKを用いた概算では心血管リスクは上昇しないと予測された104)。D:A:D試験においてBMIの影響について検討したものでは、BMI増加に伴い糖尿病は増加したが心血管疾患は増加しなかった。INSTIを含むレジメンは含まれないデータであり、現代のレジメンにこの結果を適用することの可否は明らかでない105)

図IX-5 日本人における治療開始後の体重の推移
<調査対象全症例における治療開始後の体重の推移>
体重の推移(インテグラーゼ阻害剤の有無別)
(調査期間:1997年8月から2021年3月)
治療経験が無い患者(naïve患者)
横軸が投与後月数で縦軸が体重の変化(%)の折れ線グラフ。Non INSTI Treatment Naïveは投与後月数が0の時、n=1185。投与後月数が12の時、n=1127で体重の変化はSDが約-3%で平均が約3%。投与後月数が24の時、n=824で体重の変化はSDが約-3%で平均が約3%。投与後月数が36の時、n=619で体重の変化はSDが約-3%で平均が約3%。投与後月数が48の時、n=425で体重の変化はSDが約-3%で平均が約4%。投与後月数が60の時、n=241で体重の変化はSDが約-3%で平均が約4%。投与後月数が72の時、n=115で体重の変化はSDが約-3%で平均が約4%。投与後月数が84の時、n=51で体重の変化はSDが約-3%で平均が約3%。投与後月数が96の時、n=9で体重の変化はSDが約-6%で平均が約0%。INSTI Treatment Naïveは投与後月数が0の時、n=1043。投与後月数が12の時、n=984で体重の変化はSDが約8%で平均が約3%。投与後月数が24の時、n=695で体重の変化はSDが約10%で平均が約3%。投与後月数が36の時、n=423で体重の変化はSDが約10%で平均が約3%。投与後月数が48の時、n=216で体重の変化はSDが約11%で平均が約4%。投与後月数が60の時、n=99で体重の変化はSDが約12%で平均が約5%。投与後月数が72の時、n=27で体重の変化はSDが約14%で平均が約5%。投与後月数が84の時、n=7で体重の変化はSDが約9%で平均が約5%。
1)治療経験が無く(naïve)かつINSTIを投与されていない患者
2)治療経験が無く(naïve)かつINSTIを投与された患者
† 本調査の登録時に抗HIV薬処方歴が無の症例(抗HIV薬併用療法の薬剤うち1剤でも変更された時点で脱落とし、experencedに移行)
※0ヶ月のベースラインはINSTIを問わず抗HIV薬の治療開始時点とした。
治療経験が有る患者(experienced 患者)
横軸が投与後月数で縦軸が体重の変化(%)の折れ線グラフ。Non INSTI Treatment Naïveは投与後月数が0の時、n=1347。投与後月数が12の時、n=1239で体重の変化はSDが約-4%で平均が約0%。投与後月数が24の時、n=1054で体重の変化はSDが約-4%で平均が約1%。投与後月数が36の時、n=866で体重の変化はSDが約-5%で平均が約1%。投与後月数が48の時、n=691で体重の変化はSDが約-5%で平均が約1%。投与後月数が60の時、n=528で体重の変化はSDが約-5%で平均が約2%。投与後月数が72の時、n=434で体重の変化はSDが約-5%で平均が約2%。投与後月数が84の時、n=317で体重の変化はSDが約-5%で平均が約3%。投与後月数が96の時、n=221で体重の変化はSDが約-6%で平均が約3%。投与後月数が108の時、n=161で体重の変化はSDが約-8%で平均が約3%。投与後月数が120の時、n=101で体重の変化はSDが約-10%で平均が約3%。投与後月数が132の時、n=73で体重の変化はSDが約-8%で平均が約1%。投与後月数が144の時、n=39で体重の変化はSDが約-9%で平均が約1%。投与後月数が156の時、n=25で体重の変化はSDが約-8%で平均が約3%。投与後月数が168の時、n=22で体重の変化はSDが約-10%で平均が約3%。投与後月数が180の時、n=18で体重の変化はSDが約-8%で平均が約0%。投与後月数が192の時、n=11で体重の変化はSDが約-5%で平均が約-1%。投与後月数が204の時、n=3で体重の変化はSDが約-7%で平均が約-2%。投与後月数が216の時、n=2で体重の変化はSDが約-9%で平均が約-3%。投与後月数が228の時、n=2で体重の変化はSDが約-9%で平均が約-6%。投与後月数が240の時、n=1で体重の変化は平均が約-7%。投与後月数が252の時、n=1で体重の変化は平均が約-7%。INSTI - Treatment Experiencedは投与後月数が0の時、n=1191。投与後月数が12の時、n=1068で体重の変化はSDが約6%で平均が約2%。投与後月数が24の時、n=928で体重の変化はSDが約7%で平均が約3%。投与後月数が36の時、n=828で体重の変化はSDが約8%で平均が約3%。投与後月数が48の時、n=573で体重の変化はSDが約8%で平均が約3%。投与後月数が60の時、n=435で体重の変化はSDが約9%で平均が約4%。投与後月数が72の時、n=331で体重の変化はSDが約9%で平均が約3%。投与後月数が84の時、n=211で体重の変化はSDが約10%で平均が約4%。投与後月数が96の時、n=151で体重の変化はSDが約10%で平均が約4%。投与後月数が108の時、n=123で体重の変化はSDが約10%で平均が約4%。投与後月数が120の時、n=103で体重の変化はSDが約10%で平均が約4%。投与後月数が132の時、n=81で体重の変化はSDが約9%で平均が約3%。投与後月数が144の時、n=72で体重の変化はSDが約9%で平均が約3%。投与後月数が156の時、n=62で体重の変化はSDが約9%で平均が約3%。投与後月数が168の時、n=48で体重の変化はSDが約7%で平均が約3%。投与後月数が180の時、n=40で体重の変化はSDが約8%で平均が約3%。投与後月数が192の時、n=35で体重の変化はSDが約12%で平均が約4%。投与後月数が204の時、n=27で体重の変化はSDが約11%で平均が約3%。投与後月数が216の時、n=26で体重の変化はSDが約10%で平均が約3%。投与後月数が228の時、n=21で体重の変化はSDが約5%で平均が約0%。投与後月数が240の時、n=20で体重の変化はSDが約5%で平均が約0%。投与後月数が252の時、n=8で体重の変化はSDが約13%で平均が約4%。投与後月数が264の時、n=7で体重の変化はSDが約14%で平均が約5%。投与後月数が276の時、n=7で体重の変化はSDが約17%で平均が約7%。
3) 治療経験が有り(experienced)かつ本調査前及び本調査期間中においてINSTIの投与経験がない患者
4) 治療経験が有り(experienced)かつ本調査前及び本調査期間中においてINSTIの投与経験がある患者
† 本調査の登録時に抗HIV薬処方歴が有の症例または、naïveの患者において抗HIV薬併用療法の薬剤が1剤でも変更された症例
※0ヶ月はINSTIを問わず抗HIV薬の治療開始時点または、初めて併用療法の薬剤が1剤でも変更された時点

PAGE TOP