抗HIV治療ガイドライン(2022年3月発行)

V初回治療に用いる抗HIV薬の選び方

8.薬剤耐性検査について

 抗HIV薬開始前には薬剤耐性検査を行うことが推奨される(AII)。日本ではRT領域、PI領域、IN領域の薬剤耐性検査(遺伝子型)を同時に依頼することが可能である。検査を依頼してから結果が得られるまでには4週程度を要するため、診療の早いタイミングで検査を依頼することが望ましい。医療費助成の制度取得前のタイミングで検査を依頼したい場合には「国内流行HIV及びその薬剤耐性株の長期的動向把握に関する研究」班78)に依頼することが可能である。

PAGE TOP